『読むだけで深~い眠りにつける10の話』紹介

『読むだけで深~い眠りにつける10の話』紹介
 

amazonでの購入はこちら
楽天ブックスでの購入はこちら
あさ出版での購入はこちら

「眠らなきゃ…」こう考えれば考えるほど、目がさえて眠れない。
仕事や人間関係のストレス、深夜のスマホやパソコンの強い光など、現代人の多くは様々な原因で、「不眠」を引き起こしています。 本書は、NLP(神経言語プログラミング)マスタープラクティショナーで「あなたを変える言葉の研究会」 代表の著者が、
「潜在意識」にアプローチする「眠りを誘う自己暗示の技法」を用いて、
読めば、自然と眠気が高まる状態を作り出せる各話4~5ページの短い話を 10 話掲載しています。

また、睡眠評価研究機構代 表で睡眠研究のパイオニアとして知られ、
JR 東海などの企業の睡眠教育にかかわる医学博士の白川修一郎が監修を務め、
「眠れない理由」「眠っているときの脳の状態」など、不眠を解消するために必要な知識や
知っておいてほしい睡眠の秘密なども公開します。
眠れなくてつらい、グッスリ眠りたいという方は、ぜひ、本書をお試し下さい。

<事前に本書を試した方々の感想>
・「やっぱり自分は眠かったんだ!」と気づくことができて、ぐっすり眠ることができました。感謝です!(30 代男性)
・睡眠導入剤に頼っていましたが、読んだだけで眠くなることができ、寝るときの不安がなくなりました。(40 代女性)
・寝坊ばかりで仕事にも影響していた私が、いつの間にか夜に自然と眠くなったのには驚きました。読むだけで体にこんなにも影響するとは。(20 代女性)